2016年6月23日木曜日

U-15B   県3部リーグ【4,5,6節】

3週続けての県3部リーグ学校行事等でなかなか人数が揃わない中、トレーニングで行なってきた、『慌てずに相手をみてボールを動かす』というテーマを持ち試合に臨みました。

第4節 5月14日(土)
vs 大原中 (会場:カネイグランド)
結果 1-3


第2節、第3節と連敗を喫しなんとか勝利を飾りたいところでしたが、立ち上がり足の止まっている選手が多く開始直後に3失点
なんとか後半粘り反撃を開始しましたが、反撃も1点に抑えられえてしまい敗れてしまいました。
自分のミスで失ってしまったボールを仲間が必死にディフェンスしている姿をみて何も感じないでしょうか
ミスをして悔しそうな顔をして立ち止まっているまま
試合は常に動いています。
ミスは誰にでもある事、そのミスを後悔するよりも先にミスを取り戻す事を考えよう。







第5節 5月21日(土)
vs 館山二中 (会場:出野尾グランド)
結果 3-0


立ち上がりの悪さは相変わらずでしたが、なんとか身体をはったディフェンスで守りきり、カウンターから思い切りのよりシュートがきまり先取点。
その後チャンスをなかなか活かせませんでしたが、後半サイドからの崩しが決まり2得点。
なんとか勝利を挙げることができました。
前節のミスを完全に払拭することはできませんでしたが、チーム一丸となって声を出し、サポートをしていました。
まだまだフィジカル的に厳しい戦いが続いていますが、なぜ今まで負けてしまい今節勝つことができたのか
しっかりと考え今日できたことが次の試合でできなくなってしまうことがないようしっかりと意識をして取り組もう。









第6節 5月28日(土)
vs 鴨川中 (会場:鴨川サッカー場)
結果 0-7

今年の4月にできたばかりの真新しい人工芝のグランド
3週続いた最後の相手は優勝争いをしている鴨川中
ボールを動かす事をテーマにしてやってきた事がどこまで出せるのかが最大のテーマとなりました。
ゲーム前最高のピッチコンディションの中ウォーミングアップの中、球の出足が遅くなることはわかっていたはずだが、
立ち上がり自陣ゴール前パスが弱くなってしまったところを奪われ失点。
その後も相手のプレッシャーが早く、ボールをつなぐ事ができず相手の2列目の選手の飛び出しについていけず失点を重ねいいところなく完敗
日頃のトレーニングの中プレッシャーを早くしなければ判断のスピードは上がらないし技術も上がらない。
非常に悔しく今後に課題が残るゲームとなりました。


この3連戦を終え何に気づき、何を感じたのか
スタメン争いはしてしるが、選手の経験、成長の為選手全員が毎試合ピッチに立つ事ができる環境の中試合に出場し
チャンスを活かせた選手
チャンスを活かせなかった選手

今までと同じように取り組んでいてはきっと結果は同じ。
サッカーに対する取り組み方、考え方、自分自身に対し厳しく
このゲームをどれだけ大切な日にできるのか。
何かに気付き変われるか、変えられるか。

本気であればきっと変われる。
自分を動かせるのはコーチでなく自分自身
時間は誰に対しても平等です。
しっかりと今後を見据え意識を高くもとう!!




担当:柿本

0 件のコメント:

コメントを投稿